離婚にまつわる年金制度

離婚に関わる金銭的なものというと、これまでは慰謝料、財産分与養育費が主なものだったのですが、現在では年金分割制度というのが新たに加わっています。

離婚の期間に関係なく、しかし、厳しい協議をした結果でも、慰謝料の相場は取れても200-300万円程度、熟年離婚の場合でも、かなり多い場合でも600万円程ではないでしょうか。

夫婦の間での協議ですむのであれば無料ですむのですが、仲介者として弁護士を通して協議を行うと、弁護士への相談料が報酬から引かれることとなります、その料金として慰謝料の数十パーセントはかかるようですので、更に手元に来るお金は少なくなることになります。

また、離婚をするときに、お金を受け取るまでの期間にも、かなりのお金がかかると思ってもいいかもしれません。

新たに加わった年金分割制度ですが、この制度が始まったことによって、熟年離婚が、さらに増えてきたように思えます。

年金分割制度が始まる以前は、離婚することは不利だ、と思う人が多かったの思います。

年金分割制度を利用する人が多くいると思いますが、誤解や認識間違いをしている人も多いようです、しっかり調べてからでないと、思わぬ結果になるかもしれません。

なお、金銭的なことを決めるときには文書にして残しておくことを忘れないでください。
なぜなら口頭での口約束だけだと後でトラブルになる可能性があるからです、これを回避するために、しっかり文書を交わすようにしましょう。

熟年離婚の疑問 慰謝料や財産分与など

熟年離婚時の年金に関する疑問を取り上げたいと思います。

年金分割に関して

年金分割ですが離婚した夫婦の妻、夫のどちらかが死亡した場合にも、分割された保険料納付記録には影響が出ません、また、どちらかが再婚をした場合でも同様です。

たとえば、熟年離婚をするときに、年金分割をした夫婦がいたとして、後に片方が別の相手と再婚をした場合にも年金分割には何か影響はないとうことです。

また、離婚と再婚を繰り返した場合、前の離婚のときの年金分割は無くならずに、それぞれの結婚期間に応じた保険納付記録の分割した年金額を全て足した金額で支払われます。

離婚時の年金分割は、婚姻している期間に対して年金が分割されるということなので、決して重複してもらうということはありません。

熟年離婚に限らないことですが、とくに熟年者の離婚の際には慰謝料財産分与などが発生するケースが多いです。

その上、年金改正で年金分割が始まりましたので、妻側の方としては「年金がもらえるので離婚しても大丈夫」と思う人もいると思いますし、夫側はせっかく賭けてきた年金が半分取られると思う人も多いと思います。

年金の分割制度というのは熟年夫婦の離婚を後押しするものでは決してありません、離婚後の夫と妻の年金格差を無くそうという意図からはじめた制度であるということを理解しておいたほうがいいと思います。

しかし、収入がもし妻側の方が多い場合は逆に妻が夫に年金を分割しなければならないという事態にもなりますのでその辺は了承しておかなければなりません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。