離婚の慰謝料の相場

離婚する場合の、慰謝料や財産分与などの金額や支払い方法などを決める場合、結婚の期間の長さに関わらず、まずは話し合いで決めようとすることが多いのではないでしょうか?
しかし、話し合いで決まらない場合には、裁判や調停などで決めてることになります。

熟年の夫婦が離婚をする場合には、特に夫婦生活の長さや共有財産の多さ、資産の多さからもめることが多いようです。

裁判や調停になった場合、なにを基準にして決めるかと言うと、慰謝料を求める側の精神的苦痛の度合い、離婚後の生活における経済的な能力、社会的地位、支払い能力、結婚期間の長さや未成年の子供の有無など、さまざまなことが考慮され公平に決められます。

慰謝料の金額は、50万円×結婚年数と言われる事がありますが、じつは、この数字にはなんの根拠もありません。

条件によって慰謝料の相場は、さまざまとなりますので、一概に言えることではありませんが、協議離婚の場合は200万円〜400万円位が妥当ではないかと思います、これが、熟年離婚の場合ですと、婚姻年数の長さから500万円ほどもらえる場合もあります。

熟年夫婦の離婚の場合は今まで専業主婦でやってきた人も多く、年齢から言っても社会経験から言っても就職をするのは難しいのが現実ではないかと思いますので、その辺も考慮して慰謝料、財産分与、年金分割などが支払われると思います。

話し合いで決まらない場合や、慰謝料の適正金額に不安を感じた場合に、慰謝料鑑定サービスを行っているところもありますので利用してみるのもよいでしょう。

慰謝料の請求について

離婚時に慰謝料を請求する場合がありますが、これは不貞行為、暴力行為などによる精神的・肉体的苦痛に対する金銭的代償を求めるもので、賠償金の一種と言ってもよいでしょう。

慰謝料は財産分与や、養育費とは違い、基準が苦痛をはかってお金に換算するので、どれだけ相手に非があるかで変わってきます。
離婚したい一心で「何もいらないから離婚して」などとおもってしまうかもしれませんが、あとから、やっぱり・・・と言う事もあると思います。

ただし、慰謝料を請求する期間には猶予があって、離婚後の3年間は、慰謝料を請求することができるようになっています。

これが熟年夫婦の場合では、長い結婚生活の間では、数えきれないの苦痛になる原因があると思います、ですので、離婚を意識しだしたら、どんなささいなことでも構いませんのでメモを取るようにしましょう。

一般的には 慰謝料 という名前で呼ばれていますが、和解金、解決金と呼ぶ人もいます、この呼び方の方が、シックリ来るかもしれませんね。

この慰謝料は、財産分与に含めて支払割れる場合も多く、その場合は財産分与に、慰謝料が含まれていることを、文書に残しておかなくてはいけません。

結婚生活が長い熟年夫婦ほど、財産も増えているとでしょう、後々のトラブルを避けるためにもきちんと文書で残しておくことが大切になってきます。

なお、慰謝料に決められた金額はありませんが、相場は200万円〜300万円、熟年夫婦の離婚の場合300万円〜500万円ほどではないかと思います。

だいたいの場合、話し合いで決めますが決まらない場合は、調停などで決めることになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。