離婚にまつわる年金制度

離婚に関わる金銭的なものというと、これまでは慰謝料、財産分与養育費が主なものだったのですが、現在では年金分割制度というのが新たに加わっています。

離婚の期間に関係なく、しかし、厳しい協議をした結果でも、慰謝料の相場は取れても200-300万円程度、熟年離婚の場合でも、かなり多い場合でも600万円程ではないでしょうか。

夫婦の間での協議ですむのであれば無料ですむのですが、仲介者として弁護士を通して協議を行うと、弁護士への相談料が報酬から引かれることとなります、その料金として慰謝料の数十パーセントはかかるようですので、更に手元に来るお金は少なくなることになります。

また、離婚をするときに、お金を受け取るまでの期間にも、かなりのお金がかかると思ってもいいかもしれません。

新たに加わった年金分割制度ですが、この制度が始まったことによって、熟年離婚が、さらに増えてきたように思えます。

年金分割制度が始まる以前は、離婚することは不利だ、と思う人が多かったの思います。

年金分割制度を利用する人が多くいると思いますが、誤解や認識間違いをしている人も多いようです、しっかり調べてからでないと、思わぬ結果になるかもしれません。

なお、金銭的なことを決めるときには文書にして残しておくことを忘れないでください。
なぜなら口頭での口約束だけだと後でトラブルになる可能性があるからです、これを回避するために、しっかり文書を交わすようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。